「アメリカの分断」をもたらしたクリントンと「アメリカの団結」をもたらすトランプ次期大統領


2016.11.15

大統領戦後、アメリカ各地の反トランプ抗議デモがつづいている。

それを報じるメディアは、決まって、「トランプ氏勝利に反発、深く分断した国民」(ロイター)、「『反トランプ』全米に拡大、深刻な分断」(AA=時事)といった見出しや解説をつけてくる。

あたかもトランプ自身が分断の原因であることを当然視し、その前提に立った報道ばかりだ。

トランプが分断の原因とするメディアの現状認識からは、問題の本質がみえてこない。

「分断」の根本原因は、明らかにクリントン側にある。

理由は簡単だ。1年以上もの選挙期間中、国民に〝トランプ後の世界″に対して、恐怖心を執拗に植え付けてきたがクリントンだから、である。

トランプに対して、「人種差別」「女性差別」主義者のレッテルを貼り、「ヒットラーの再来」「核ボタンを押す」といったメッセージを発しながら、具体的にトランプ大統領誕生後の恐怖のイメージを醸成してきた。

「トランプが大統領になったらアメリカ、世界が終わる」という究極の恐怖を煽ってきたのである。そして、その恐怖を増幅してきたのが主要メディアであり、プロの活動家たちである。

1年以上にわたり、恐怖のメッセージを浴び続けたら人々の心理状態はどうなるか。当然、真に受け、信じる人々が出てくる。そして、そんな人々がトランプ勝利の結果に接すれば、どんな未来を想像するか 。

〝恐怖の世界“が到来する。そして、〝アメリカ、世界は終わる″。

単なる想像の世界ではない。それが現実化するとクリントン側やメディアに説得され、信じている人々である。

そんな彼らにはどんな感情が生じるか。

トランプ後の〝世界の終わり″を阻止しなければならない。民主的な選挙でトランプが勝ったからといって、関係ない。トランプ後の世界を〝知ってしまった″者として、阻止する道義的な責任が芽生えてくるのだ。

そうなったら、どんな行動に移るか。

道義心から、迫りくるトランプ後の恐怖を乗り越え、世界の終わりを阻止するために、勇気をもって立ち上がる。それが「デモ参加者たち」である。

「一部が暴徒化し銃撃事件も」(The Huffington Post)起こるのは、当然の帰結だ。自分たちこそ、世界の終わりをもたらす大統領と戦っている「正義の味方」だという自己認識なのだ。 

(もちろん、抗議を煽動し、それを商売にしているプロの活動家もいる。たとえば、映画監督の「マイケル・ムア」だ。彼は、「トランプはアメリカ最後の大統領になる」(トランプ大統領によってアメリカは滅びる、の意)といまも恐怖を増幅して、自分のトランプを主題にした映画のプロモーションを展開している。こうしたプロの存在については、今回は言及しない。)

道義心があっても、参加までできない人々もいる。彼らはSNSで抗議活動を拡散し、勇気のある「正義の味方」を讃える。

そこまで勇気のない普通の人々は、トランプ後の〝恐怖の世界″に絶望する。「アメリカを出ていく」のも人生の選択の一つとなる。

母国を去ろうとするまで、恐怖におののくのはなぜか。

トランプ自身に対してではない。アメリカ人の半分を占めるトランプ支持者・投票者に対しての恐怖からである。

その恐怖心を植え付けてきたクリントンの代表的な発言がこれだ。

「トランプ支持者の半分以上は惨めな人たちだ。人種差別的で、性差別的で、人間嫌いで、外国人嫌いだ」(2016年9月9日、ニューヨーク市での演説)

トランプ大統領の下、「人種差別的で、性差別的で、人間嫌いで、外国人嫌い」の多数派に囲まれて送ることになる(と信じ込まされている)、人生などお先真っ暗である。恐怖以外のなにもでもない(と信じ込まされている)。クリントンの言葉によって、「アメリカを出ていく」選択まで追い詰められていったのだ。

そうはいっても、トランプも似たようなこと、いや、もっとひどいことを言ってきたのではないか。そう信じ込んでいる方が大半であろう。

答えは完全にノーである。

筆者は昨年の夏から、クリントンとトランプ両陣営の全米各地での政治集会での演説、支持者による応援演説を無数にみてきた。「フルタイム(メディアの編集・カットなしの「通し」で)」で、何百時間以上もだ。

その取材から言えるのは、トランプ側は一度たりとも、「クリントン後の恐怖の世界」のイメージを喚起したり、アメリカの「分断」をうながすような言葉を発していない(筆者のこの見解に反証できる、一次ソースをご存じの方はお知らせいただきたい)。

人々の心のなかにすでにあった怒りや恐怖心をたくみにすくいとって、現実をビジュアル化(映像化)する話術をトランプは自覚的に行使してきた『トランプ 黒の説得術』1章に詳細解説)とはいえ、選挙後に到来する恐怖の世界についてなど、一切言及していない。

クリントンについても辛辣な言葉でビジュアル化(クリントンのブランド『心の曲がったヒラリー』など)したり、クリントンに対して直接、きつい言葉(「君が牢屋行きだからね」)を浴びせることはあったのは事実だ。それらはすべて、彼女の「大統領としての資質」を問うものに厳密に限定されていた。

さらに正確を期すれば、選挙期間中、トランプは公式の場で、クリントン側が主張するような「人種差別」「女性差別」主義を助長するような発言も一度もしていない(筆者のこの見解に反証できる、一次ソースをご存じの方はお知らせいただきたい)。一見、乱暴にきこえる表現であっても、緻密に言葉を選んで発していることは、筆者の一次ソース取材で確認済みである(メディアという二次ソースがどう歪曲しているかはまったく別問題)。

何よりもトランプの言葉は、「アメリカを再び偉大な国にする」という統一メッセージで貫かれていきたし、それは当選前も後も変わっていない。分断どころか、「再び偉大な国」の実現に向けて、団結をうながす言葉を発してきた。

たとえば、うえのクリントンの「分断」発言(「トランプ支持者の半分以上は惨めな人たちだ。人種差別的で、性差別的で、人間嫌いで、外国人嫌いだ」)に対するトランプのツイッター発言がこれだ。

「ヒラリーは私の支持者にひどいことを言ったとはいえ、そして、彼女の支持者が私に決して投票しないとはいえ、私は彼ら(クリントン支持者)のことをリスペクトしている」(2016年9月10日、ツイッターでの発言)

文字どおり、クリントン支持者に対して「リスペクト」を示している。

トランプは11月9日の勝利演説でもまったく同じ姿勢で、こう訴えかけた。

「アメリカは分断の傷を縛り、団結するときだ」「アメリカ中のすべての共和党員、民主党員、無所属の人々に私は言う。われわれは一つの団結した民衆として、集結するときだ」「私はすべてのアメリカ人のための大統領になる」

その後の反トランプ抗議デモ参加者に対してであっても、トランプのポジティブで融和的な態度は一貫している。

抗議デモが最高に達した10日の翌日、11月11日のトランプの言葉は次のとおりである(トランプのツイッター発言、筆者訳)

「昨晩の小規模の(※)抗議グループの皆さんが、我々の偉大な国に向けた熱い思いを持っていることと願っている。われわれは共に歩み、(筆者注:偉大となった国を)誇りに思うようになるだろう」

(筆者注※原語はSmall。デモを〝大″規模と描写し、あたかも全米各州に広がっているかのように報道するメディアの〝不誠実さ″を問い、同時に否定する、「トランプ説得術」テクニックのひとつ)

「これ(筆者注:今回の選挙やその後の抗議など)は、すべてのアメリカ人の人生において素晴らしいひと時であったといずれわかるだろう。われわれは、団結して、勝つ!勝つ!勝つ!」

 一方の「分断をもたらした」根本原因であるクリントンは沈黙したままである。

彼女のツイッターの11月9日以降、更新されていない(11月15日時点)。最後に残されたメッセージは、「敗北宣言スピーチ」を連続投稿したものだ。それはトランプが絶えず語る「われわれのアメリカ」「われわれアメリカ人」のストーリーではない。内容は、大統領選を含めた、女性としての自分自身の人生についての振り返りであり、それを「若い人に聞いてほしい」、という教訓じみたものだった。

ではなぜ、クリントンはいま、沈黙するしかないのか。それ以前に、なぜ彼女は、分断をもたらす発言を繰り返したのか。

彼女自身、「クリントン後のアメリカ」のビジョンが皆無なのだ。今回の選挙戦で、自分が大統領になること以外の目的がなかったのだ。だから、「トランプ後のアメリカ」の恐怖を煽るメッセージしか発せられなかったのである。

クリントンが描いた恐怖の世界を信じたデモ参加者はレディー・ガガをはじめ、クリントンの選挙スローガン「Love Trumps Hate(愛は憎しみに優る)」を掲げて、行動しているのにもかかわらずだ。(スローガンの含意は、愛の象徴であるクリントンが憎悪の象徴であるトランプに優るである。「優る」はTrump(トランプ)の動詞形で、トランプを明らかに意識したものだ。逆にいえば、このスローガンからも、選挙中、クリントン側が分断を煽ってきたことが伺えるだろう。自らのアメリカの未来に対するビジョンはく、ただトランプ側を貶め、自分たちが「優越」で「正義」だと位置づけているだけなのだ)。

ビジョンが明確なトランプと皆無のクリントンの比較分析の詳細については、拙著『ドナルド・トランプ 黒の説得術』3章をご覧いただきたい。最新のブランド理論による分析から、「トランプが圧倒的に有利」(本書154頁)と考察した。

それにしても、クリントンの罪は根深い。自分が大統領になりたいからといって、恐怖を人々の心理に植え込むことは、選挙キャンペーンの領域を超えている。集団洗脳という禁じ手をつかってしまったのだ。

 

いえることは、クリントンおよびメディア側が仕掛けた分断を解き、団結をもたらすのは、デモ参加者を含むアメリカ国民の深層心理を理解するトランプ次期大統領しかいないということだ。

 

(ちなみに、筆者は11月4日のコラムで、「トランプが勝利した場合、当然、嵐や分断とみえるような事象をいま以上にメディアが取り上げる」と予見していた。そう書いたのは、トランプ大統領誕生後、「分断」とみえるような事象の原因は、うえ記すとおり、トランプとは直接関係ないという事前予告であった。)

追記(11月18日)

11月17日、クリントンが敗北宣言後、はじめて公の場で演説をした。本コラムで論じたどおり、トランプ勝利後のアメリカを分断の世界と断定し、戦い続けよ、といまだに煽っている。以下、参考に一部訳出した。

「この場に来るのは容易なことではなかったと認めよう」と敗北した自分のエゴからスピーチははじまる。

「今回の選挙は、われわれが愛するアメリカに関する選挙であり、そのアメリカとは希望にあふれ、誰をも受け入れ、心の広い国である」と述べ、トランプ後のアメリカがその反対の国となったことをほのめかす。

その前提のうえで、次の発言が演説のメイン・メッセージだ。

「(選挙後の)この1週間、多くの人々が、いまのアメリカ(筆者注:トランプが勝利した後のアメリカのこと)は果たして、われわれが思い描いていた国なのか自問したことを知っている。今回の選挙で露わになった分断は根深い。しかし、私が言うことを聞いてほしい。アメリカにはそれ(思い描いた)だけの価値がある。われわれの子供たちにはそれだけの価値がある。われわれの国を信じなさい。われわれの価値のために戦え! 決して、絶対、あきらめてはならない!!